活動アイコンはじまるくんひろば 2011年度の活動


株式会社ユー・エス・ジェイさま協賛「台風12号被災者さま向け寄贈プログラム」の実施

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営されている株式会社ユー・エス・ジェイさまより利用終了されたパソコン4台をご提供いただきました。

これらのパソコンをはじまるくん事務局も協力のうえ、奈良県内にあるNPO法人地域活動支援センターぷろぼの(以下「ぷろぼの」)さんに再生作業を実施いただき、綺麗になったはじまるくんパソコンを奈良県にあります五條市社会福祉協議会さんと和歌山県新宮市にありますNPO共育学舎さんへ提供いたしました。

五條市社会福祉協議会さんからは、五条駅近くにあります台風12号の被災者さまの仮設住宅の談話室にて活用させていただきたいと申し出がありましたので、3月14日、この仮設住宅までぷろぼのさんのスタッフの方と利用者さんがはじまるくんパソコンを運び込んで、初期セットアップのサポートをしてくださいました。自治会の副会長さんも「これからプリンターを繋いで書類作成などに活用します。」と大変喜ばれていました。

なお、このようすは、五條市社会福祉協議会さまのホームページにも紹介されています。

五條市社会福祉協議会ホームページ
http://www.shakyo.or.jp/hp/1250/

2012/3/21


『なにかが通信(創刊号)』(特集「はじまるくん寄贈プログラム報告レポート」)を発行しました

2010年3月から開始しております「はじまるくん寄贈プログラム」は、大阪ガスグループ企業さまはじめとする、多くの支援企業さまのご支援と、はじまるくんパソコンの再生作業を担っていただいております福祉作業所さんのご協力のおかげで着実に広がってきており、累計で約300台のパソコンを、約180の福祉施設さんなど多くの団体さんや東日本大震災により県外避難されている個人の方へお届けすることができました。

これまでに寄贈したはじまるくんパソコンの福祉施設さんなどでのご活用のようすを取材し「はじまるくん寄贈プログラム報告レポート」として『なにかが通信(創刊号)』を発行いたしましたのでぜひ、ご覧ください。

『なにかが通信(創刊号)』
nanikaga20120224.pdf

なお、『なにかが通信(創刊号)』は、ご支援いただきました企業さまはじめ、寄贈先の福祉施設さんなどへ発送いたしました。その際、印刷・発送作業については西宮市の新生会作業所さんへ依頼いたしました。

2012/2/24


サンモアテックさま協賛「東日本大震災被災者さま向け寄贈プログラム」(京都)の実施

サンモアテックさまのご協力により、このたびの東日本大震災により京都府下へ避難されているご家族へはじまるくんパソコン20台を寄贈すべく、希望者を公募しましたところ、多くの方からお申込みをいただきました。京都府社会福祉協議会さんのご協力のもと、厳選なる抽選のうえ、昨年12月末にお届けいたしました。

なお、はじまるくんパソコンをお届けの後、2名の方が初期セットアップのサポートをご希望されましたので、ボランティアにて訪問、セットアップのお手伝いを実施いたしました。その際のようすが1月6日付、京都新聞に掲載されています。

2012年1月6日付京都新聞に掲載されました
http://www.ogis-ri.co.jp/extra/hajimarukun/press2011.html#a20120106

この寄贈プログラムは、好評につき、3月にも公募予定です。

2012/1/20


ナガセケムテックスさま協賛「はじまるくん寄贈プログラム」(たつの市内)の実施

たつの市内にあるナガセケムテックスさまより、はじまるくんに利用終了パソコンのご提供があり、たつの市社会福祉協議会さんのご協力のもと、たつの市内の福祉施設へ公募のうえ5台のノートパソコンを4つの施設へ寄贈いたしました。

NPO法人愛ランドさんへ寄贈されセミナーにて活用いただいているはじまるくんパソコン(右側のパナソニック Let's Note)

2011/12/1


サンモアテックさまと東日本大震災復興支援の一環で、はじまるくんパソコンを寄贈しました

東日本大震災後、南三陸地区で炊き出しなどの復興支援をされている社団法人アジア協会アジア友の会(JAFS)さんより、現地でリユースパソコンが不足していると相談を受け、7月にサンモアテックさまと共同で、ノートパソコンをJAFSの現地事務所に2台、宮城県漁業協同組合歌津支部に3台寄贈いたしました。

当該内容はサンモアテックさまのホームページ「ニュースリリース」にも掲載されています。

<サンモアテック ニュースリリース記事>
http://www.sunmoretec.co.jp/news/2011/press_20110825.html

2011/7/1


愛知地区での寄贈プログラム実施

今年1月、愛知県の企業よりノートパソコン30台を提供いただきました。

愛知県下の障がい者を支援する団体に活用していただこうと、 愛知県セルプセンターさんに協力いただき愛知県下のセルプセンター会員(約155団体) へ公募したところ、100台近い申込みがあり、同センターで審査のうえ、3月末に 15団体(各団体2台づつ)に寄贈いたしました。

提供いただきましたパソコン30台は、名古屋市内にあります 社会福祉法人 名古屋ライトハウス 明和寮 ビーサポートさんにてクリーニング作業とOS導入作業を実施いただきました。

2011/5/24


関西生産性本部さまからの寄贈パソコン活用報告

昨年10月に 公益財団法人関西生産性本部さまより利用終了されたノートパソコン16台を 提供いただき、特定非営利活動法人障害者情報ネットワーク尼崎(以下、NPO尼崎)さんに寄贈 いたしました。

NPO尼崎さんでは、障がい者の方たちにクリーニングと必要なソフトウェアの導入等を 施していただきました。

その後、はじまるくん事務局とNPO尼崎さんと相談のうえ、提供いただいたパソコンのうち 教育用の4台を除いて10台を尼崎市内の障がい者の方に活用していただこうと、 「長期貸出プログラム」として今年1月にジョブリンクAma(リンク)さんとともに公募し、 同2月にNPO尼崎さんより提供いただきました。

パソコンを配り終えたNPO尼崎の広瀬理事長は、「みなさんに大変喜んでいただきました。 有効に使っていただけそうなところばかりで、プログラムを実施してよかったです。今後も 作業所内でリハビリ訓練として学習会を開くなどの使用の相談を受けています。手元に 機器のない障害者もおられるので、はじまるくんのプロジェクトはとても有り難いです。」 と話されています。 NPO尼崎さんのサイトにも掲載されています。

2011/5/24


USJさまと‘はじまるくん’

USJさまより使用済みのパソコン約200台の提供を受け、そのうち13台を 大阪市地域貢献活動マッチングシステム‘こむりんく’経由で、大阪市内の子どもまたは障がい者を支援する団体に寄贈します。

寄贈分を除く使用済みパソコンについては、当社が中古市場に売却し、その売却金を 福祉作業所で行うクリーニングやS/W導入などの再生作業費用13台分に充当させます。

また、USJさまから別途排出される、故障したパソコンや周辺機器など約600Kg については株式会社ケーエヌアイ さまにて、障がい者の方や高齢者に、引き取ったパソコンの解体作業を実施いただきます。

当社は、USJさまのこの取り組みに協賛し、4台の再生済みのパソコンを寄贈します。

寄贈する団体については、‘こむりんく’と‘はじまるくん’にて協議した上、14団体への 絞込みが終わり、もうすでに発送が終わっています。

これらのパソコンには、USJさまから、利用される子どもたちや障がい者の方へのプレゼントとして、 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)のキャラクターをデザインしたマウス・壁紙・ステッカー がついてるので、パソコンを立ち上げた後のよろこんでおられる様子が目にうかびますね。

この取り組みは、2011年3月1日に‘ユー・エス・ジェイから提供を受けたパソコンの リユースによる社会貢献活動「はじまるくん」の取り組み拡大について’として、 大阪ガス プレスリリース にも掲載されていますのでご覧ください。

2011/4/1


ページトップ