活用事例

朝日ウッドテック株式会社 様

仮想化による工数削減を活用してセキュリティ強化・システムマネジメント強化を指向

導入前の課題

情報システム部門の業務範囲拡大、クラウドの試用

朝日ウッドテックでは、汎用機を導入してから30年以上、サーバーを社内に設置して運用していた。時代と共に情報システム部門が担う業務も、サーバーの管理のみならず、社内で利用するパソコンのセキュリティ対応、資産管理等、拡大し業務負荷が大きくなってきた。「特に、サーバー管理においては、何かあればすぐに対応しなければならない。生産機器と同様にシステムも休み明けの営業日に問題なく動くのかと、システム担当者は、休日も心のどこかで懸念していた。」と杉原氏は振り返る。 また、当時世の中の流れに沿って、クラウドを利用したいという思いがあり、複数社からクラウドサービスの提案を受けていた。しかしながら、サーバーを社外に置いた場合、セキュリティやレスポンスの面で不安があり、実際使用してどうなのかということを試してみたかった。

導入効果

安定した運用により稼働確認不要の安心感を得ることができ、運用工数も削減

サービス利用開始後の効果について、「クラウド化した3台のサーバーは、リモートで操作する際も、社内に設置していた時と何ら変わらない。速度的にも問題なく、これまでと違和感なく使用できている。また、「BCP対策という意味でも、自社に設置していた場合は、社屋が倒壊するというリスクもあった。また、電気が止まってしまえば、全てが止まってしまうというように、社内での運用には、色々なリスクがある。それに反して、オージス総研のクラウドサービスを利用すれば、データセンターで運用しているので、ガス発電による稼働と商用電力により冗長化されていて、停電によるシステム停止の心配がない。そういった点でも、社内の上層部にも理解を得やすい。」と杉原氏は、導入後の効果を並べた。

関連サービス