つながる組み込み機器のセキュリティコースマップ

近年、これまで単独で動いていた様々な組み込み機器がネットワークにつながり、セキュリティに真剣に取り組まなければなりません。
本コースでは、つながる組み込み機器のセキュリティ上の課題や対策を、具体的にわかりやすくお伝えします。

コース体系

embeddeddevice_security_01.png※本オンラインセミナーは、Zoomによりご提供いたします。
・ご聴講いただく皆様に表示名は公開されますので、ご自身の表示名は適宜、ご変更ください。
・講演中は、Zoomのマイクをオフでお願いいたします(運営より、マイクをオフにさせていただく場合があります)。
・本セミナーの録画・録音・撮影、および資料の2次利用はご遠慮ください。
※全コース通しての受講だけでなく、興味のあるコースのみの受講も可能です。

コース一覧

コース名 コース概要 開催日
「第一回 組み込み機器への攻撃(調査と準備編)」 本セミナーでは組み込み機器への調査と準備について紹介します。
【内容】
・攻撃の流れ
・情報収集
・ファームウェア抽出
・治具作成
・既知の脆弱性サーチ
・リバースエンジニアリング
「第二回 組み込み機器への攻撃(侵入と攻撃編)」 本セミナーでは組み込み機器への攻撃方法、その侵入と攻撃について紹介します。
【内容】
・脆弱性スキャンとは
・スキャンのデモ
・エクスプロイトとは
・攻撃の例
・エクスプロイトの作成と実行
「第三回 セキュリティ開発(脅威分析編)」 本セミナーでは組み込み機器の守り方、脅威分析について紹介します。
【内容】
・セキュリティ・バイ・デザイン
・開発プロセス
・脅威分析とは
・資産抽出
・脅威導出
・リスク評価と対策検討
・セキュリティ運用
オンライン 2020年08月21日
「第四回 セキュリティ開発(設計手法編)」 本セミナーでは組み込み機器の守り方、設計手法について紹介します。
【内容】
・多層防御
・ソフトウェア更新
・方式設計から詳細設計へ
・セキュアコーディングと静的検証
・ファジングとペネトレーションテスト
オンライン 2020年09月04日

その他のコース一覧