高付加価値の実現に向けたDX実践基礎講座

DX推進の組織や人材は従来の考え方や専門性だけではなく、幅広い知識や新しい考え方を知ることが求められます。
一方で、”忙しい業務のなかで、何ヶ月間も学習するのは大変””何から学べばいいのかわからない”とお困りの方も多いと思われます。
本プログラムでは、DX推進の実践に向けて企画/開発担当者共通で求められるさまざまな基礎知識をコンパクトに学習できるメニューを豊富に取り揃えてます。

コース体系

DX実現の独自モデル「OGIS-Creation Style」に基づく、DX実践の基礎が学べるプログラムです。
DX推進に向けた社内体制の構築やDX人材育成を担当する方・管理者などを対象とした「ビジネス系スキル」の講座と、
DX推進実践担当者を対象とした「技術系スキル」の講座に分かれています。

dx01_01.png


ビジネス系スキルでは、DX推進の即戦力人財の把握や、今後の育成方針の策定に活かせるDXアセスメントツール「exaBase DXアセスメント&ラーニング DIA」、企業が一丸となってアジャイル開発を実践する枠組みを学べる「SAFe®リーダー研修」、新たな挑戦やイノベーティブな人財を育成するための「思い」や「哲学」を醸成する「マインドセット研修」などをご用意。DX実現のための組織力向上や考え方・価値観の醸成を支援します。

dx01_02.png

技術系スキルの講座の中でも全体的な進め方を学習・体験できる講座として、「DX人材育成研修(企画担当者向け)」と「DX人材育成研修(ITエンジニア向け)」をご用意しています。
また、DX推進の両輪となる、デザイン思考をベースとした「顧客発見」と、頻度高くクイックな「価値検証」。その実践テクニックを学べるさまざまな研修をラインアップしており、身に着けたいテクニックに応じてご受講いただけます。各講座の詳細については、下記コース一覧よりご参照ください。

コース一覧

コース名 コース概要 開催日
exaBase DXアセスメント&ラーニング DIA DXの実践に必要な「Digital」×「Innovative」18項目をスコア化できるアセスメントツールです。DX推進の即戦力人財の把握や、今後の育成方針の策定に活かすことができます。
【開催日】
お問い合わせください
マインドセット研修 新たな挑戦やイノベーティブな人財を育成するには、ノウハウやスキルの習得だけでは十分ではなく、未知の場に飛び出し、発想を広げ、前向きに取り組み続けるための、「思い」や「哲学」(=マインドセット)が必要です。本講座では多くのワークと講義により、必要なマインドセットを頭と身体で理解することができます。
【開催日】
お問い合わせください
SAFe®リーダー研修(Leading SAFe®) 【SAFe6.0対応】IT部門や製品開発部門を統括・牽引するエグゼクティブ、マネジメントおよびリーダーがSAFe®(Scaled Agile Framework®)を推進するために必要な基礎知識を習得できる、SAFe®認定コースです
【開催日】
お問い合わせください
コース名 コース概要 開催日
DX人材育成研修(企画担当者向け)(オンライン研修) DXの企画は、従来通りでは通用しません。本講座では、『顧客発見を重視したデザイン思考概論』で学んだ理解を更に実務に活かすために、DX時代に即した演習テーマを題材に、2日間のグループワークを通して実践体験できます。また、グループワークではカードを用いたワークも行っており、理解しやすい環境を提供しています。
【開催日】
お問い合わせください
DX人材育成研修(ITエンジニア向け) DX(デジタル・トランスフォーメーション)の時代に不可欠な人材のマインドセットを醸成します。
【開催日】
お問い合わせください
コース名 コース概要 開催日
顧客発見を重視したデザイン思考概論 ~「ユーザーニーズ×シーズ起点」の提供価値探索・DX時代の必須知識を学ぶ~

長年オージス総研が培った行動観察のノウハウをデザイン思考に取り入れた概論のコースです。DXを推進する上で必要な、顧客の課題、ニーズは何かという"問い"の答えを捉えた後、アイデアを考えていきます。
また、多くのデザイン思考研修とは異なり、 「シーズ・ニーズ変換」法を組み入れることで「ユーザーニーズ」と「技術要素」を掛け合わせたプロダクト開発のプロセス、ノウハウについても学べる内容としました。
【開催日】
オンライン 2024年06月18日
オンライン 2024年09月11日
インタビュー入門
~顧客ニーズを明らかにするためのインタビュートレーニング~
顧客課題を明らかにしようとすると、単に「確認」のみで終わるインタビューでは目的を達成しません。ユーザーニーズを引き出すための基本的な傾聴スキルやインタビュー実践に向けての知識を本講座で学びます。
【開催日】
オンライン 2024年03月06日
行動観察入門 ~理論からしっかり学ぶ行動観察のキホン~ 現場からヒントを得るために足を運んだ時に、観察や記録方法がわからず戸惑ってしまうことは往々にあります。
本講座では、『行動観察』の基礎知識を座学で学びながら、ビデオ演習~映像を見て「事実」と「気づき」を切り分けて記録する演習が体験できます。
【開催日】
お問い合わせください
行動観察入門&実践講座(オンライン研修) 【特別キャンペーン実施中】
 -2024年1月~3月開催は受講料20%OFF-

現場からヒントを得るために足を運んだ時に、観察や記録方法、データからの課題発見などがわからず戸惑ってしまうことは往々にあります。
本講座1日目は、『行動観察』の基礎知識を座学で学び、ビデオ演習から「事実」と「気づき」を切り分けて記録する演習が体験できます。提示された課題をもとに、2日目はチームに分かれて「現場観察」→「共有」→「課題発見/アイデア発想」の一連の流れが体験できるコースです。
【開催日】
オンライン 2024年02月29日~2024年03月14日
オンライン 2024年05月21日~2024年06月04日
オンライン 2024年07月10日~2024年07月24日
オンライン 2024年09月05日~2024年09月19日
行動観察 実践講座 ~フィールドワークからアイデア発想を実践で体験~ 『行動観察』の一日実践コース。当日提示された課題をもとに、グループに分かれて「現場観察」→「共有」→「課題発見/アイディア発想」の一連の流れが体験できるコースです。
【開催日】
お問い合わせください
ユーザーインサイト入門~相手の世界に入り込むエスノグラフィマインド~ ユーザーを通して潜在的な欲求や価値を発見するためには、表面に見える「行動」や「発言」の文脈~その発言に至るその人の生活やコミュニティ、歴史などを複合して読み解くことが大切です。本講座では、フィールドワークを単なる現場訪問で終わらせないため、自分自身の主観・期待と上手に付き合いながら、フィールドワークで得た情報を紐解き、事実・実態の背景を掘り下げていくための実践知を学びます。
【開催日】
お問い合わせください
相乗効果を引き出すワークショップとファシリテーション入門 サービスデザインでは、さまざまな立場や専門性を有する人がひとつのチームとなり、情報を共有し分析しながら、新たな開発やビジネスを創出します。そのため、ワークショップの設計やその場を促進・支援するファシリテーターの役割が重要となります。
本講座では、ワークショップの基礎概論とワークショップファシリテーターを実践するための基礎知識を習得します。
【開催日】
お問い合わせください
ユーザー検証入門~すべらない開発のためのユーザー検証~ 顧客価値を実現するためには、開発プロセスの中「ユーザーの評価」を聞くことが重要です。サービスデザイン思考でも「プロトタイプ」→「ユーザー検証」を繰り返すことが重要な要素のひとつと言われています。「ユーザー検証」とひとことで言っても、そのなかにはさまざまな方法があります。本講座では、実際に行う時に知りたくなる、使い分けかたや設計方法など、実践する上での指南となる基礎知識を習得できます。
【開催日】
お問い合わせください
コース名 コース概要 開催日
ビジョンから価値へ:バックログ・リファインメント実践者向けトレーニング(オンライン版) 価値の高いプロダクトを提供するために、プロダクトバックログの価値を最適化し、価値に基づく計画策定を実現する方法を学びます。
【開催日】
お問い合わせください
体験!アジャイル超入門(0.5日版) 今なぜアジャイル開発なのか?
アジャイル開発が登場した背景から、顧客との協調や、反復作業、継続的な改善といったアジャイルのエッセンスを学びます。
チームで簡易なアジャイル開発を体験し、その成果を振り返ることで学びを深めます。
【開催日】
お問い合わせください
スクラム※入門 アジャイル開発手法の1つであるスクラムの基本的な考え方や用語を短時間で効率的に学習します。参加者でスクラムチームを組み、身近な題材を用いたスクラムによる開発を体験することで、今後スクラム(アジャイル開発)に携わる際に必要となるマインドセット(継続的に改善する、小さく作り早く検証する、等)の重要性を実感します。
【開催日】
オンライン 2024年03月13日
受け入れテスト駆動開発入門 受け入れテスト駆動開発の進め方を学習します。演習では自然言語による受け入れテストの記述、受け入れテストをサポートするツールCucumberを用いたテスト自動化の基本的な実装を体験します。
【開催日】
お問い合わせください

開催場所

その他のコース一覧