事例

富士重工業株式会社様(事例2)

UMLとSimulink®の“強み”を組み合わせ、全工程をモデルベースで開発。

対象製品自動車のEGI関連制御ソフトウェア
事例のポイントUMLとSimulinkRによるモデルベース開発
活動期間12ヶ月(継続中)

お客様の課題

規模が小さいときの構造を踏襲して開発を重ねた結果、制御構造が複雑化

実現方法(How)の検討が中心になりがちで、制御の目的(What)が不明確

自然言語の曖昧さ排除のため、制御仕様書が実装コードと等価で難解

オージス総研の支援

コンサルティングによる技術・組織支援

主な成果

制御の目的を明確にし、論理的かつ汎用性の高い構造にリフォーム

UMLからSimulinkRへの変換メカニズムを構築

モデルを活用したドキュメントを作成


トレーニングにより、分析力やUMLを使った表現力が向上

関連資料ダウンロード

富士重工業株式会社様事例資料のお申込み

関連サービス