飲料メーカー

構築中のビジネスをさらに進めていくには不可欠のものとして、ビジネスぐる地図を採用しました。

個々の顧客情報に対して非常に多くの記録項目を持つことができ、項目の追加要望もしやすいところです。 シンプルなのでモバイルデバイスでの動作も軽いです。また、システム構築よりは初期コストが抑えられました。

導入前の課題

以前は巡回用の顧客データをすべて手作業で管理しており、非常に労力がかかっていました。そのため扱う顧客の件数が増えるにつれ、これまでの管理方法が破たんする事は目に見えていました。 構築中のビジネスをさらに進めていくには不可欠のものとして、ビジネスぐる地図を採用しました。 個々の顧客情報に対して非常に多くの記録項目を持つことができ、項目の追加要望もしやすいところです。 シンプルなのでモバイルデバイスでの動作も軽いです。また、システム構築よりは初期コストが抑えられました。

導入効果

巡回時に必要な確認事項や取引情報を登録し、それに従って営業が顧客フォローを行っています。顧客への物品の手配にも登録した情報を利用しており、ビジネスぐる地図が既にビジネススキームの中核をなす不可欠な役割を担っています。

関連サービス