アジャイル開発に関する資料ダウンロード

当社が公開しているアジャイルに関する資料をダウンロードいただけます。

当社のアジャイル開発事例

金融システム開発現場へのアジャイル開発導入~アジャイルコーチとしての経験~

JISA Digital Masters Forum 2017の講演資料です。当社のアジャイルコーチがアジャイル開発の展開に際して採用したアプローチ、金融システム開発へのアジャイル開発の普及や大規模開発時の課題と当社の施策を紹介します。

古参Webサービスのアジャイル化、DevOps化への奮闘記

Agile Japan2017の講演資料です。旧来プロセスで行われてきた社内でもっとも古いWebサービスを、お客様の要望を早く実現できるように、意を決してアジャイル化とDevOps化に踏み切り、試行錯誤の末に得たものをご紹介します。

アジャイルで不確実性に対応する ?アジャイルプラクティスとモデリングの有用性?

2017年12月当社主催セミナー「AI、IoT時代のデジタルビジネスへの取り組み」での講演資料です。ビジネスの複雑化に伴う不確実性と向き合うため、アジャイル開発のエッセンスとモデリングを活用した開発プロセスを使った実践の事例を紹介します。

技術解説資料

Scaled Agile Framework(SAFe)3.0入門[冊子版]

架空の製造メーカーの家電という事業分野を例に取りながらScaled Agile Framework (SAFe)を説明します。本解説の用語はSAFe3.0に対応していますことをご了承ください。

機敏な製品リリースを可能にする企業内の連携モデルを提示するSAFeのご紹介

チームのレベルを超えた企業全体でのソフトウェア開発に関連する活動や役割を提示するScaled Agile Frameworkの概要を紹介します。企業や事業部規模でアジャイル開発を適用したい方におすすめする内容です。

DtoDに基づくアジャイル要求入門[冊子版]

アジャイル開発における要求と分析を行うためのDtoD(Discover to Deliver)の基本概念を紹介します。DtoDはスクラムとユーザーストーリーの組み合わせでは不十分な点を補う手法です。

7つの側面でアジャイル要求を切り出すDtoD入門

Agile Japan 2016の講演資料です。アジャイル開発における要求と分析を行うためのDtoD(Discover to Deliver)の基本概念を紹介します。スクラムとユーザーストーリーの組み合わせでは不十分な点を補う手法です。

OGIS Scalable Agile Method 2.0入門[冊子版]

日本でのアジャイル開発を適用する上での課題に対する解決策をまとめました。スクラム、アジャイル要求、受け入れテスト駆動開発を組み合わせ、さらに、アジャイル開発をスケールアップする際はSAFeを組み合わせる手法を提示します。

アジャイル開発導入における2つのシナリオ

アジャイル開発のメリットやどんな工夫が必要か、という話をすると「じゃあアジャイル開発を導入するにはどうしたらいいか」という質問をいただきます。その答えを、日本の事情を加味し、当社の経験に基づきまとめました。