IoT Technology West 2018/IoT総合技術展 関西 へ出展いたします。 | 株式会社オージス総研

IoT Technology West 2018/IoT総合技術展 関西 へ出展いたします。イベント

2018年07月05日

デジタルバリューチェーン実現による、お客様の価値向上に繋がるIoTソリューションをご紹介

2018年7月にグランフロント大阪内 コングレコンベンションセンターにて開催されますIoT Technology West 2018へ当社、オージス総研が出展いたしますので、ご案内申し上げます。


今回オージス総研ブース(ブース番号:K-02)では、IoTエッジコンピューティング、デバイス組み込み開発、IoTプラットフォームおよびデータ分析を通じ、デジタルバリューチェーン実現による、お客様の価値向上に繋がるIoTソリューションをご紹介します。


●組込み機器のIoT対応をサポートするオージス総研の技術&サービスを実演展示
PoCから本番稼動に移行しつつあるIoT活用において、「データ遅延/ロスト対策」、「IoTデバイスからの多種多様で大量のデータ収集」、「多数のIoTデバイスへの情報配信」、現場の変化に応じた「データ活用・分析仮説の素早い変更・検証」における課題に対して、IoTプラットフォーム「MessagePub+」とインテリジェントエッジ「FogHorn」を活用し、解決する方法をデモを交えてご紹介します。さらに、セキュアなIoTデバイスの開発を支援する「組み込みセキュリティコンサルティング」や、IoTエンジニア育成に役立つ入門講座「IoT基礎技術研修」のコンテンツを展示します。


●IoTかんたんパックのLPWA対応とエネファームIoT事例のご紹介
「IoTかんたんパック for Sigfoxネットワーク」では、センサデバイスで温度、湿度などの情報を取得、Sigfoxネットワークを介してAWS上にデータ連携し、データを可視化するまでの流れをデモでご紹介します。また、「エネファーム IoT」では、スマートスピーカーを用いたエネファームとの連携のデモを行います。発電状態を常時見守り、万が一の際は駆けつける「発電見守りサービス」や1か月の電気代予測等を確認できる「省エネナビゲーション」、台所リモコンを用いた「ガス機器遠隔操作」をご紹介します。


また、上記デモンストレーションに加えて、生産ライン/アフターマーケット(出荷後製品の稼働実績)のデータを横断的に分析し、生産性/サービスの向上に貢献する「製造業向けIoTデータ分析ソリューション マドラー」等についてもご紹介します。


ぜひ、当社ブース(No. K-02)へお立ち寄りのほど、お願い申し上げます。


なお、ご来場に際しては、公式サイトへの事前登録、または無料招待状が必要です。(事前登録、無料招待状がない場合、入場料1,000円(税込)が必要になります。)


IoT Technology West 2018 公式サイト
http://www.jasa.or.jp/etwest/

イベント概要

■開催日
2018年07月05日(木)~2018年07月06日(金)
■時間
10:00~17:00
■会場
グランフロント大阪内 コングレコンベンションセンター

JR「大阪駅」より徒歩3分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩3分
阪急「梅田駅」より徒歩3分

■主催
一般社団法人 組込みシステム技術協会
■コマ番号
K-02
■参加費
その他
公式サイトへの事前登録、または無料招待状が必要

交通アクセス

関連コンテンツ

このページのお問い合わせはこちら