「Security Days Fall 2018 TOKYO」に出展します【10/3-5東京】イベント

2018年10月03日

10月3日~5日に開催されます「Security Days Fall 2018 TOKYO にて、OAuth2.0に対応した、統合認証パッケージ「ThemiStruct(テミストラクト) IdentityPlatform」の展示・講演、及び、アプリケーションセキュリティーサービスの講演を行わせていただきます

 

ThemiStructのご紹介講演では「企業の認証基盤に求められること」と題しまして、クラウドサービス、モバイルなどのIT活用や昨今の働き方改革への取組みといった、IT活用ニーズの変化に合わせて進化が必要となる企業の認証基盤において、検討・対応すべきことを整理、解説します。

また、同じく講演としまして、アプリケーションセキュリティサービスに関して「OSS脆弱性対策とアプリケーション開発」と題した講演も行わせていただきます。

 

なお、ご参加につきましては、下記の公式サイトより、お申込み下さい。

 

 



イベント概要

■開催日
2018年10月03日(水)~2018年10月05日(金)
■時間
10:00~17:30
■会場
JPタワーホール&カンファレンス(KITTE4F)

・JR東京駅 徒歩約1分
・丸ノ内線東京駅 地下道より直結
・千代田線二重橋前駅 徒歩約2分
・三田線大手町駅 徒歩約4分

■主催
株式会社ナノオプト・メディア
■参加費
無料
(展示・セミナーともに事前登録により無料)

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
B2-07
10月4日 14:15-14:55
これから企業の認証基盤に求められること
~ID連携技術を使ったクラウド、モバイル活用実現に向けて~

講演者:事業開発本部 テミストラクトソリューション部 マネジャー 上席アーキテクト 八幡 孝

企業でのクラウドサービス、モバイルなどのIT活用が広まっており、昨今の働き方改革への取り組みにおいては必要不可欠なものになっています。適正な業務処理、情報漏洩の防止などを目的に導入された認証基盤も、IT活用ニーズに合わせ進化していく必要があります。当講演ではこれからの企業の認証基盤で検討・対応すべきことを整理、解説します。
D2-10
10月4日 17:00-17:40
OSS脆弱性対策とアプリケーション開発
講演者:事業開発本部 アプリケーションセキュリティソリューション部 コンサルタント 早苗 朋宏

アプリケーション開発においてOSSの活用はもはや当然のこととなっています。 しかし、OSSの脆弱性は、日々発見されており、OSSの活用を開発現場任せにすることは現実的ではなくなっています。特にOSSの脆弱性に関する情報収集は、単純に集めて評価するだけでも多大な労力が掛かる上、利用状況の把握が難しい現実があり、適切に対応することも難しいものです。 本講演では、OSS脆弱性対策に弊社ソリューションを活用し、安心・安全なアプリケーション開発を行う方法をご紹介します。

交通アクセス

このページのお問い合わせはこちら