「Red Hat Forum Tokyo 2019」に出展・講演します【11/15 東京】イベント

2019年11月15日

ルールベース×OpenShift活用で実現するマイクロサービス開発と統合運用管理の最適解をご紹介します

11月15日(金)に開催される「Red Hat Forum Tokyo 2019」にゴールドスポンサーとして出展します。

本イベントは、国内最大級のOSS(オープンソースソフトウェア)イベントです。


弊社講演では、マイクロサービス開発において陥りがちなポイントや運用のあるべき姿、ハイブリッドクラウド時代のOpenShiftを活用した統合監視、ルールベースとOpenShiftを組み合わせた開発の自動化について解説いたします。


弊社展示コーナーでは、Red Hat Decision ManagerをベースにしたBRMS開発プラットフォーム「yonobi」によるルールベースの活用事例から、OpenShiftを活用したマイクロサービス開発、ハイブリッドクラウドで複雑化する運用のあるべき姿について、それぞれデモを交えてご紹介します。


弊社講演へのお申込み、イベントへのご登録は、公式サイトよりお願いいたします。



イベント概要

■開催日
2019年11月15日(金)
■時間
09:30~18:30 (受付開始:09:00)
■会場
ANAインターコンチネンタルホテル東京
■主催
レッドハット株式会社
■参加費
無料
※事前登録制

プログラム

※ 内容・時間などは、告知なく変更されることがございます。
当社講演
13:15~13:55
マイクロサービス構築運用の陥りやすいポイントとは ~Openshiftを活用したハイブリッドな統合運用
講演者:株式会社オージス総研 プラットフォームサービス本部 クラウド基盤ソリューション部 リーダー 石井邦和

本講演では、金融機関様でのコンテナ環境構築実績で培ったノウハウをもとに、マイクロサービス構築において苦労するポイントや、リフト&シフトに留まらない一歩先行く運用のあるべき姿、ハイブリッドクラウド時代のOpenShiftを活用したオンプレ/クラウドの統合監視、ルールベース×OpenShift活用で実現する開発の自動化についてご紹介します。
 
展示
11:45~18:00
ルールベース×OpenShift活用で実現するマイクロサービス開発と統合運用管理の最適解
Red Hat Decision Managerを元にしたBRMS開発プラットフォーム「yonobi」によるルールベースの実装事例から、OpenShiftによるマイクロサービス開発やyonobiと組合せた開発自動化、更にハイブリッドクラウドで複雑化するシステム運用の最適解をデモを交えてご紹介します。

交通アクセス

ANAインターコンチネンタルホテル東京

〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33


関連コンテンツ

このページのお問い合わせはこちら