Sumo Logicジャパン株式会社の設立に際しエンドースメントを提供お知らせ

2018年10月05日

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡 信也、以下オージス総研)は、10月3日に米Sumo Logic社から発表されましたプレスリリースに下記の弊社エンドースメントが記載されていますことをお知らせ致します。オージス総研は、米Sumo Logic社の日本法人であるSumo Logicジャパン株式会社(以下、Sumo Logicジャパン)の設立を心から歓迎するとともに、更に協業を強化して参ります。


■エンドースメントコメント提供者
中谷 浩介 取締役執行役員 プラットフォームサービス本部 本部長


■エンドースメントコメント本文
株式会社オージス総研は、Sumo Logicジャパン株式会社の設立を心から歓迎いたします。企業におけるセキュリティ対策やIoTビジネス、システム運用での大量ログデータの収集と分析・監視は、リアルタイム性とコスト面で喫緊の課題であり、このたび完全にSaaSで提供されるSumo Logicジャパン様の設立により、これらの課題が解決され日本市場での活用が更に推進されるものと期待しています。弊社は、一般のお客様向けにファイル転送サービスの「宅ふぁいる便」を提供しており、Sumo Logicを活用してお客様の大事なファイルへの不正アクセスやクラウド利用の不正操作等を監視しています。今後もSumo Logicジャパン様と連携を強化し、更なるログ活用により付加価値創出をしてまいりたいと思います。


米Sumo Logic社プレスリリース
https://www.sumologic.com/press/2018-10-03/japan-launch/

このページのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

特集ページ