オージス総研、三菱ケミカル・クリンスイの家庭用浄水器「クリンスイ」*1のIoT活用事例を公開ニュースリリース

2019年05月14日

~浄水利用のデータを収集・分析し、カートリッジ交換時期の最適化~

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡 信也、以下オージス総研)は、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:木下 博之、以下三菱ケミカル・クリンスイ)が提供する家庭用浄水器「クリンスイ」について、IoTを簡単に使い始め、収集データを分析することで、利用実態の把握やカートリッジ交換時期の最適化といったビジネス上の課題解決に結びついた事例を公開しました。


*1 三菱ケミカル・クリンスイ株式会社が製造・販売する家庭用浄水器。1984年に、世界で初めて中空糸膜を採用した家庭用浄水器「クリンスイ」を発売。以降、生活シーンに合わせて様々な浄水器を研究・開発。


■IoT導入前の課題:浄水カートリッジ交換の実態把握

三菱ケミカル・クリンスイでは、1984年に中空糸膜採用の家庭用浄水器の草分けとして事業開始して以降、様々な形で利用実態の調査を行なってきました。その結果も踏まえて、カートリッジ交換の目安を設定しています。しかし、浄水器の多機能化が進むとともに、利用状況の個人差(利用の際に小まめに原水と浄水を切り替えるなど)によりカートリッジの有効期間は前後します。カートリッジの交換時期は、お客様個人の利用状況に基づく感覚任せになるケースが多く、その正確な利用実態の把握は困難でした。


■IoT導入の目的:IoTを用いたカートリッジ交換の最適化

カートリッジの交換時期をお客様の感覚にお任せするのではなく、利用状況に応じた交換タイミングをお知らせするためには、浄水器から直接データを収集することができるIoT活用が最適な方法と考えられました。
こうした試みを検証する環境を構築する上で、以下の3点をポイントに選定を実施され、オージス総研が提供する「IoTかんたんパック」をご採用頂きました。

  • ①事例が豊富(利用イメージを描き易かった)

  • ②スモールスタートからのスケールアップやアプリ開発まで対応可能

  • ③製品と共に会社として長く付き合いができるという信頼感

【「IoTかんたんパック」の特長】

  • IoTをはじめるためのプロトタイプ環境を提供
     IoTに適したデバイス、ネットワーク、クラウドをワンストップでご提供
  • 小規模な本番運用も可能
     運用を含んだパック料金なのでそのまま本番運用をスタートすることが可能
  • 様々な要件に応える豊富なIoTノウハウ
     25年以上前からインフラ企業のIoTシステムに取り組んできたノウハウをご提供


※ アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築されたIoTかんたんパックで実施。
「IoTかんたんパック」の詳細については、こちらをご参照下さい。


■データ分析による新たなビジネスアイデアの創出

IoT対応浄水器を購入された多くの方が、「IoTかんたんパック」上に構築されたアプリケーションでカートリッジの交換時期を確認されています。
今後の更なる展望として、三菱ケミカル・クリンスイでは、利用者が日常的にどのような水の使い方をしているかデータを収集・分析することで、例えば、就寝前や起床後の水分補給をお勧めしたり、身体バランスの維持や疲労回復の早い水のご提案など、新たなビジネスアイデア創出に向けた活動に取り組まれています。


オージス総研では、「IoTかんたんパック」をご活用頂いている様々な業種・業態のお客様から得た関連ノウハウを活用し、お客様のIoT活用と新しいビジネスの創出をサポートして参ります。

※三菱ケミカル・クリンスイの事例の詳細については、ページ下部の「このページのお問合せはこちら」よりお問合せ下さい。




* アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、AWS IoT Core、および Amazon Web Services ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
* 本プレスリリースに記載されている内容は、予告なしに変更する場合があります。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

このページのお問い合わせはこちら