「人」・オージス

プロフェッショナル認定制度

プロフェッショナル認定制度とは

技術者としての高度な専門性を認定する仕組み、それが「プロフェッショナル認定制度」です。

認定対象の職種やレベルは、ITスキル標準(注1)に準拠しています。すなわち、当制度で認定されるということは、業界標準と同等レベルの専門性を持ってビジネスを遂行するプロフェッショナルとしての証となります。同時に、お客様に高水準・高品質のサービスを提供できる証ともなります。

認定者は、社員にとって具体的な目標となる「ロールモデル」です。 社員は認定者から良い刺激を受けて、スキルアップやキャリアップへの 意識が高まります。

また認定者はプロフェッショナルとしての役割の一つとして 後進育成にも注力し、組織全体のレベルアップを図ります。

(注1)経済産業省が定めた、個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化した指標。

認定対象職種と認定レベル

  • 職種

以下の職種が認定対象です。

職種名 略称 認定レベル 専門分野
セールス SAL 4~5 <設定せず>
コンサルタント CSL 4~6 統括コンサル、運用コンサル、開発支援コンサル、人材育成コンサル、データサイエンティスト 、フォーサイトクリエイト
ITアーキテクト ITA 4~6 アプリケーション、インフラ、組み込み
プロジェクトマネジャー PM 4~6 <設定せず>
ITスペシャリスト ITS 4~6 プラットフォーム、ネットワーク、データベース、アプリケーション共通基盤、システム管理、セキュリティ
アプリケーションスペシャリスト APS 4~6 業務システム、業務パッケージ、(申請者自身で定義した専門領域も可)
ITサービスマネジメント ITSM 4~6 運用管理、システム管理
特定専門職 特定 4~6 (専門分野は申請者自身で定義する)
  • 役割・責任

各レベルの認定者に求められる役割・責任は次のとおりです。

レベル 役割・責任
レベル4
  • レベル4の認定基準を満たし、該当職種の全体レベルアップを促進する。
  • レベル4のロールモデルとなり、社員が目指すべき人材像を明確化/具体化する。
  • 自らの経験と知識に基づき、メンバーに対して適切な支援、指導を行い育成に貢献する。
  • 特定分野において社内第一人者レベルの役割責任を担う。
レベル5
  • レベル5の認定基準を満たし、該当職種の全体レベルアップを促進する。
  • レベル5のロールモデルとなり、社員が目指すべき人材像を明確化/具体化する。
  • 下位レベル(レベル4)の審査の一部を担う
  • 自らの専門性を後進に継承させて「プロフェッショナル集団」としての組織の専門性向上に貢献する。
  • 業界第一人者レベルの役割責任を担う。
レベル6
  • レベル6の認定基準を満たし、該当職種の全体レベルアップを促進する。
  • レベル6のロールモデルとなり、社員が目指すべき人材像を明確化/具体化する。
  • 下位レベル(レベル5、レベル4)の審査の一部を担う
  • 市場における自身の価値を最大限に発揮し、お客様から高い信頼を得てビジネスの拡大を図り、会社の持続的成長に寄与する。
  • 当社の経営を担う当事者として、全社的視点に立ち、業界第一人者レベルの役割責任を担う。

OCPとGCP

プロフェッショナル認定制度には、OCPとGCPという2つの呼称があります。

呼称 ロゴ 対象
OCP
(OGIS-RI Certified Professional)
オージス総研のみで認定する認定者
GCP
(OGIS-RI Group Certified Professional)
オージス総研グループで認定する認定者

呼称と職種・レベルの関係は以下の通りです。

SAL CSL ITA PM ITS APS ITSM 特定
レベル6 (設定なし)
レベル5
レベル4

審査方法

審査は、ITスキル標準に準拠したオージス総研グループの認定基準に基づき、 社外審査員と社内審査員で実施します。社外審査員は他社でも審査実績のある 業界第一人者が務めます。

全職種共通の評価項目は次の5つです。

  1. スキル
  2. 実績
  3. お客様満足度
  4. プロフェッショナル貢献(後進育成と技術継承)
  5. 今後の活動計画

上記以外に、職種ごとに固有の評価項目もあります。
(例えば、経験分野、方法論の適用、ビジネス貢献、など)

認定者数(オージス総研内)

現在170名超の認定者がいます。(2019年10月1日時点)

職種名 人数
セールス 20名
コンサルタント 23名
ITアーキテクト 25名
プロジェクトマネジャー 60名
ITスペシャリスト 11名
アプリケーションスペシャリスト 23名
ITサービスマネジメント 5名
特定専門職 11名