ユースケース

生活用品メーカー

新商品ブランドのコミュニケーション戦略の立案

新ブランド立上げに向けての、ターゲット像の明確化・コミュニケーション戦略の構築

想定課題

新しいブランドで想定するターゲットについて、購買行動や暮らしぶり、価値観などの理解が不十分であった。

そのため、ユーザーに合ったコミュニケーションを検討するのに限界があった。

プロセス例

STEP1.エスノグラフィ
(1)調査対象者のリクルート
・ターゲット層に対する日記調査
・普段の暮らしぶりの全体像を把握
・よりターゲット像に近い方をエスノグラフィ調査の対象者に設定

(2)ターゲットの生活・行動実態の詳細把握
・エスノグラフィ調査にて、言語情報、非言語情報ともに網羅的に情報を収集。

STEP2.事実・気づきの整理
(1)フィールドワークで得られた情報、
気づきをまとめた「プロファイルシート」を対象者ごとに作成。

STEP3.インサイト導出
(1)対象者情報の共有
・撮影動画、プロファイルシートをもとに共有

(2)ターゲット像の明確化
・気づきをもとにインサイトを導出。

STEP4.コミュニケーションコンセプトの設定
(1)購買までのストーリー作り
・対象とするペルソナが購買するまでのストーリーをカスタマージャーニーマップを用いて作成

(2)各タッチポイントでのコミュニケーションコンセプトの設定
・次のアクションを起こすためのポイントを検討

(3)各タッチポイントでの実施アイデア
・ワークの参加者全員でアイデアラッシュ

成果イメージ

●ユーザーの実態を基にしたペルソナの再整理

●カスタマージャーニーマップによる、購買までのストーリー整理

●各タッチポイントでのコミュニケーションコンセプト・実施アイデア

関連サービス