ユースケース

ショッピングセンター

新店舗開発に際しての商圏内顧客の理解

エリアの住民の現状の買い回りの状況や、ライフスタイル、価値観、ニーズ等、多面的に実態を把握し、新店舗のコンセプトづくりや、テナントリーシング、ゾーニング検討に活用する。

想定課題

店舗の新規進出にあたり、ターゲットとなる顧客層の理解と、地域住民の文化、特性を把握する必要性があった。また、既に競合店が入りこんでおり、既存店舗とは異なる提供価値・コンセプトが必要であった。

プロセス例

STEP1.グループインタビュー
商圏内の顧客についての情報の把握
・商圏にご在住の、ターゲット属性の方を対象にグループインタビューを実施。

STEP2.ターゲットの実態を整理
各ターゲット属性の事実整理
・属性別に調査課題に対する実態をレポーティング

STEP3.コンセプト・アイデア開発
調査結果をもとに下記項目などをアウトプット
・コンセプト案
・施設のハード・ソフト面についての要件・アイデア

成果イメージ

●ターゲットの実態に基づく深い理解
定量分析に加えて定性的な分析を行うことで、想定したターゲット層を多面的に捉えることができ、ターゲット層の価値観・ニーズについて深く理解することができる
●ターゲットに受け入れられるコンセプト・アイデア

関連サービス