オージス総研、「AWS Well-Architectedパートナープログラム」認定を取得ニュースリリース

2019年12月04日

~AWS Well-Architected フレームワークをベースに独自のノウハウを加えたコンサルティングサービスを提供~

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:中沢 正和、以下オージス総研)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のパートナー制度であるAWS パートナーネットワーク(以下、APN)においてAWS Well-Architected パートナープログラムに認定されました。


AWS Well-Architected パートナープログラムは、AWSがAWSパートナーの中から特に、AWSの導入・システム構築支援おいて、継続的かつ十分な実績に基づき、AWS Well-Architected フレームワークを用いて顧客のクラウドアーキテクチャの状態を適切に評価できる能力を認められたパートナーを認定するものです。
オージス総研では、エンタープライズカスタマーのAWS上でのシステム構築に際し、AWS Well-Architected フレームワークに沿うことで、プロジェクトを成功裏に支援することが出来ました。今回、これまでのパートナーとしての活動実績とあわせてAWSの公式認定を受けることとなりました。


■AWS Well-Architected フレームワーク
AWS Well-Architected フレームワークとは、システム設計・運用の「大局的な考え方」と「ベストプラクティス集」で、主に5つの項目(運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化)の質問リストを文書化したものです。このフレームワークに沿うことで、基幹システムからクラウドサービスまで最新のクラウドベースシステムに要求される品質に照らして、①システムを評価する一貫したアプローチと、②品質を満たすために必要な改善方法を提供します。


■AWS Well-Architectedをベースにしたコンサルティングサービスのご提供
オージス総研ではAWSが提唱するAWS Well-Architected フレームワークをベースに、弊社がこれまでクラウド構築で得たノウハウや実績に独自の具体的なToBe・実現方法を盛り込んだ『OGIS Well-Architected』サービスを提供して参ります。AWSのご利用を検討中もしくは既にご利用中の企業を対象に、以下のような課題に対するコンサルティングサービスを提供しております。

 ・AWS環境の最適な構成やセキュリティ対策をどのようにデザインするべきかわからない
 ・構築を検討している構成案について、リリース後を想定した運用面のアドバイスがほしい
 ・AWS移行後、想定よりもコストが高く、最適なコストに抑える為の環境設計を再検討したい


オージス総研では、コンサルティングサービスに加え、Well-Architected に準じたシステム運用監視、セキュリティ監視、コスト監視、自動運用等のソリューション提供を予定しています。顧客ごとに異なる様々な活用形態を幅広く支援できるAWSのソリューションベンダーとして高品質なサービスを提供し、顧客の課題解決により一層努めてまいります。


* Amazon Web Services は、Amazon Web Servicesにより認定されたソリューションプロバイダーである株式会社オージス総研により再販される。
Amazon Web Services、Amazon Web Servicesロゴ、AWS、およびthe Powered by Amazon Web Servicesロゴは、Amazon.com, Inc.またはアメリカ合衆国および/またはその他の国におけるその関連会社の商標である。

* 本プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに変更する場合があります。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

このページのお問い合わせはこちら