Cybereason EDR (次世代エンドポイントセキュリティ)

巧妙化するサイバー攻撃に対し、エンドポイントへの侵入を前提とした「侵入後対策」を強化することで、被害の発生を防ぎます。

Cybereason EDR (次世代エンドポイントセキュリティ) 特長

侵入後対策によるエンドポイントセキュリティの重要性

ランサムウェアやファイルレスマルウェア等、サイバー攻撃の手法は日々巧妙化しており、従来のサイバーセキュリティ対策では、これらの標的型攻撃全てを検知できるとは言えない時代に突入しています。これまでのファイアウォール、アンチウイルス、サンドボックス等の『侵入前対策』に加え、万が一侵入された場合に被害拡大を未然に防ぐための『侵入後対策(EDR)』が重要になります。

 

 

 

 


Cybereasonの特長

   パソコンに侵入したマルウェアやランサムウェアなどの「悪意のあるプログラム」をリアルタイムで検知し、脅威が

   発見されたら即、管理者へ通知します。



影響範囲の把握、原因の特定、リモートでの対象パソコンの切り離しなど、現場へ行かずにインシデントの初動対応を迅速に実行することができます。



Cybereasonのダッシュボードでは、「攻撃のどのフェーズでマルウェアを検知したか」を、容易に把握することが可能です。また、感染の規模や影響範囲、経過時間が一目で分かる見やすい画面となっています。さらに、検知したマルウェアの詳細画面からは、「どの端末で」「誰が」実行したか、「どういったプロセスが」「どこに」通信したか、などが視覚的に分かりやすく、また感染前後の状況も時系列で表示されるため、簡単に攻撃の全体像をつかむことができます。  


   

 ダッシュボード(Sample)


 マルウェア詳細画面(Sample)

 


 

ページトップへ戻る

Cybereasonの構成

社内設備が必要無い「クラウド型サービス」

Cybereasonでは、別途サーバを建てる必要はなく、エンドポイント側に「センサー」とよばれるエージェントを導入するだけで、そのエンドポイント内の全てのふるまいをログとして、サイバーリーズンのクラウド環境に自動でアップロードします。
そのログをAIによって分析し、悪意のある攻撃があれば管理者に通知し、管理者はその攻撃状況を、クラウド上の管理コンソールから確認し、対処するという流れになります。






ページトップへ戻る

Cybereason運用支援サービス

「Cybereason運用支援サービス」は、「Cybereasonマネージドセキュリティサービス(MSS)※」のご契約者に対し無償提供する、オージス総研独自サービスです。お客様の端末でサイバー攻撃を検知した場合、解析内容や推奨対策の情報をいち早くご連絡いたします。また、お客様にて実施される様々な運用をオージス総研が代行いたしますので、セキュリティや製品についての知識を徐々に深めながら、安心して Cybereasonをご利用頂くことができます。

※Cybereason MSS: 経験豊かなCybereasonセキュリティアナリストが、イベント検知の際の通知(電話/メール)、解析・リスク判断の支援、解析レポートなどを提供するサービスです。







その他

・システム要件:様々なクライアント/サーバーOSに対応しています。詳しくはお問い合わせください。
・ライセンス販売:1エンドポイント(EP)あたり、1年間毎の販売となります。価格については弊社担当営業までお問合せ下さい。





Cybereasonに関するご検討用資料

次世代エンドポイントセキュリティに関して下記のような資料を配布しております。

  • 企業の信用を守り、危機管理対策に貢献できるEDRの解説資料:「なぜEDRが必要なのか」
  • 次世代アンチウィルスの限界もふまえた侵入後対策との組み合わせのホワイトペーパー
  • セミナー資料:「サイバー攻撃から企業を護る最後の砦」

「立ち読み版」も用意しております。ぜひご覧ください。

ページトップへ戻る

お問い合わせ・見積のご相談

お問い合わせ

当製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

見積のご相談

当製品・ソリューションについての簡易見積が可能です