2017年度の取り組み

現在、AIテクノロジセンターではディープラーニングを用いた適用可能性を検証し、技術開発を行っています。

1. 屋外設備の画像診断

  • 目的
    • 屋外設備の画像から劣化状況を診断
  • 内容
    • 検査対象候補の提案
    • 劣化状況の可視化

  • 関連ワード
    • 画像分類, 物体検出, 領域分割

 

2. 葉物野菜に付着した害虫の検知

  • 目的
    • 食品衛生環境の改善
  • 内容
    • 可視光と赤外線を照射して、害虫の陰影を画像化
    • 葉の表裏に付着した害虫の検出

 

※赤枠は虫のいる場所

  • 関連ワード
    • 赤外線撮影画像, 注目領域の可視化

3.センサーデータに対する深層学習を用いた取り組み

  • 目的
    • 保安レベルの向上
  • 内容
    • 異常検知
      • 正常データのみ学習させたモデルで、異常を含むテストデータが出力する異常度を閾値で判定する教師なし学習

      ※異常度スコアに閾値をひいて判定している理由は、スパイクした単純な波形以外も捉えるため。

      • 1次元畳み込みニューラルネットの教師あり学習

AI(Artificial Intelligence) 」へ戻る

ページトップへ戻る