品質への取組み

「お客様の信頼」という勲章を得るために、オージス総研は組織的な品質への取組みをし、各種審査を受けています。

品質管理

オージス総研の提唱する「百年アーキテクチャ」を実現するためにはお客様に信頼される品質が現在を支えるものである必要があります。
オージス総研の品質への取組みは徹底的な手順化と組織的なチェック体制、個人への教育の浸透で成り立っています。属人的能力に頼らず、組織としてプロフェッショナルの知恵を出し合い品質向上を常に行っています。

品質マネジメントシステムについて

全社統一の手順化と第三者によるレビュー、改善の記録を徹底し、 取組みを開始した1999年に最初の認証を取得しました。その後計画的に拡大し、2001年に全社でISO9001の認証を取得、現在も更新継続しております。

情報セキュリティ基本方針

プラットフォームサービス本部と事業開発本部、および関連部門を対象に、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度に認証登録し、現在も更新継続中です。

個人情報保護方針

JIS Q15001に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを構築して運用しており、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けております。