IoT

システムエンジニアリング ソリューション

標準プロセスの押し売りではなく、お客様の開発現場の流儀に合わせた、実践可能なMBSEを実現します。

概要・特長

オージス総研の日本型システムエンジニアリングソリューションは、暗黙知の伝達が出来なくなり機能しなくなった「すり合わせ開発」の強みを、モデルを活用して復活させ、高品質な開発を取り戻すソリューションです。

暗黙知をモデル化してすり合わせを促進

「日本型システムエンジニアリング」と「モデリング・ノウハウ」によって、暗黙知をモデル化。
開発現場の流儀を尊重しつつ、MBSEによるすり合わせ開発を実践出来るようご支援します。

導入実績

様々な業種のお客様にサービスを導入して頂いております。

事例

株式会社リコー様

導入事例:
『SysMLを用いた ソフト・ハードの協調設計の探求』~製品開発効率の向上を目指して~ (第15回組み込みシステム開発技術展(ESEC2012)PRセミナーでの講演資料)

構成・仕様

サービス内容

プロセス構築やモデル作成などの特定業務のほか、当社のコンサルタントが現場コーチとしてプロジェクトに参加するMBSE実践コンサルティングなどのサービスをご提案しています。
詳細なサービス内容はダウンロード資料をご参照ください。

トレーニングコースのご案内

MBSEの実践の際には技術者の育成も必要です。オージス総研ではトレーニングを定期的に開催している他、お客様先でのオンサイトトレーニングやお客様のご希望に応じたトレーニングのカスタマイズも行っています。

お客様の声

◎コンサルティングの方の能力は非常に高く、大変満足している。
◎一通り理解したつもりになっていてもオージスに指摘されてしまう。悔しいが、支援してくれないと進まない。
◎論理思考力が非常に高く、勉強させて貰っている。
◎オージスはソフトウェア領域の発想ではなく、システムレベルで対応してくれる。
◎オージスではツールの使い方ではなく、システムエンジニアリングに注力してくれる。
◎要求分析で機能の目的を分析し、その実現手段を検討した結果、半年間の活動で特許ネタが10件以上出た。

コンサルタントの能力の高さと、弊社支援によるシステムエンジニアリング導入の効果に高評価を頂いています。

サービス関連記事

Webマガジン:SysMLによるシステムモデリングの実際

システムモデリングに取り組む動機、取り組み内容、取り組み成果を、筆者のこれまでの支援経験に基づき、数回にわたって紹介します。

Webマガジン:何故システムモデリングが必要か

システムモデリングの存在意義と、電光掲示板の例題を用いたSysMLを利用したモデリングの例について解説します。

オブジェクトの広場:システムエンジニアリングで SysML を使いこなす

組込みシステム開発におけるモデリング手法、オブジェクト指向的な開発について、SysML をベースに解説します。システムエンジニアリングや設計段階で、いかにモデル開発を取り入れればよいのか、その概要と実践について説明します。

ご予算や事業規模に合わせて、
最適なソリューションをご案内いたします。

  • 検討段階におけるご質問、資料請求もお気軽にお問い合わせください

関連サービス