システム連携

EDI 全銀TCP/IP手順TLS対応版

インターネットに対応した全銀TCP/IP手順によるデータ伝送サービス

全国銀行協会策定の新EDI標準「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」に対応した、インターネット経由のデータ伝送サービスです。

概要・特長

インターネットEDI普及推進協議会発行の「『全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)』利用ガイドライン・SSL/TLS方式編」に準拠しており、従来の全銀手順から容易に移行可能です。

レガシーEDIからの段階的移行が可能。また、自社でEDI設備を持たずに様々なEDIプロトコルに対応。

サービスの特長

従来の全銀手順と同じ通信パラメータや伝送フォーマットを利用。

通信の暗号化と電子証明書による認証でセキュアな伝送。

電子証明書は当社が発行するため、面倒な申請や更新手続き不要。

導入メリット

お客様自身でEDI設備を検証、運用、維持管理する必要なし。

取引先のタイミングで段階的にインターネットEDI移行が可能。

様々なEDIプロトコル、当社関連サービスと連携可能。

構成・仕様

ご利用例1:段階的にインターネットに移行

お取引先様が多く、移行に長い期間が必要である場合など、お客様が自社運用されているEDIから、段階的に当社サービスである「全銀TCP/IP手順TLS対応版」に切り替えていく例です。

ご利用例2:アウトソーシング後に段階移行

お客様が自社運用されているEDIを、まず現行方式のまま当社に全面アウトソーシングいただいた後、従来型EDIから段階的に「全銀TCP/IP手順TLS対応版」へ切り替えていく例です。他にも、お客様のご要望に合わせて柔軟に対応させていただきます。

オージス総研を選ぶ理由

導入から運用までスピーディにサービス提供

さまざまな業界仕様EDI対応の他、FAX・BPOまでカバー

30年以上のサービス提供と、2,500社以上の利用実績

資料ダウンロード

EDIに関する資料がダウンロードできます


・事例資料
・セミナー資料
・検討用資料

サービス関連記事

公衆回線網のIP網化に関するQ&A

公衆回線網のIP網化に関するよくあるご質問を掲載しております。

これからのEDIはどうなる? DAL藤野氏×オージス総研門上のEDI対談

EDIの現状と今後についての対談を行いました。

2024年ISDNデータ通信が廃止?レガシーEDIが今まで通りに使えなくなる可能性があります。対策は?

ISDN廃止に向けた対応の流れをご紹介。

EDIアウトソーシングサービス

電子商取引のためのヒト・モノのコストをカット 企業間のデータ連携を幅広い手段でご支援いたします

お知らせ・イベント

セミナー/イベント

リリース

ご予算や事業規模に合わせて、
最適なソリューションをご案内いたします。

  • 検討段階におけるご質問、資料請求もお気軽にお問い合わせください

関連サービス