データ分析

DataRobot 機械学習を自動化するAIプラットフォーム

データによる高精度の予測と自動化を実現

DataRobotのAI プラットフォームには、世界をリードするトップデータサイエンティストの知識、経験、ベストプラクティスが組み込まれており、データプレパレーション、モデリング、モデルデプロイ、予測実行までのデータサイエンスプロセスをトータルで自動化します。
適切なデータ分析テーマを定義し、誰もが機械学習やAIを自由に使うことで、組織の生産性を大きく向上させることができます。

概要・特長

多くの企業で機械学習やAIの活用が始まっており、多種多様な成功事例が生まれています。一方で、これまでは機械学習をビジネスに役立てるには、データサイエンスの深い知識と経験をもった専門性の高いデータサイエンティストが必要不可欠でした。しかし、DataRobotは機械学習の多くのプロセスを自動化することで、専門性が高いスキルを持たない方でも、業務課題の解決を支援するモデルを素早く簡単に作ることができます。

DataRobotはモデル作成、分析結果の評価、ビジネス施策への適用・実行のプロセスをサポートすることに特に優れています。

データからビジネス価値を生み出すAIプラットフォーム

DataRobotは多様なデータを取り扱うことができ、そのAIプラットフォームでは、Data Prep(データの管理・データの準備)、Auto ML / TS(特徴量エンジニアリング・モデルの作成・モデルのインサイト)、ML Ops(アプリ作成・モデルの管理と監視)といった大きく3つの機能を備えます。これらの卓越した機能を通じて、お客さまのビジネス課題を解決し、お客さまのビジネス価値向上に貢献します。

<DataRobot 3つの特徴>
■データは、数値/カテゴリ、時系列、テキスト、画像、位置情報などを取り扱うことができます。
 数値データと画像データをバイモーダルで扱うことも可能です。
■二値分類、多クラス分類、連続値回帰、時系列予測、異常値検知などを多様なアルゴリズムで行うことができます。
■自動で作成したモデルは、顧客ターゲティング予測、離脱予測、需要予測、金額推定、不良品判別、
 要因推定などに役立てることができます。

※DataRobotに関するより詳細な資料・動画がDataRobotコミュニティサイトに数多く掲載されています。またトライアル環境も
 ご利用いただけますのでご利用ください(本ページの最下部をご確認ください)

DataRobot活用ステップ

DataRobotでAIモデルが完成するまでの4つのステップ

①学習データを投入し予測対象を設定することでモデル作成を開始します。
②DataRobotが投入したデータにあったモデルを自動で作成します。
③作成されたモデルの予測結果およびインサイトを確認し、モデルを解釈します。複数モデル同士の精度を比較したり、予測の
 速度など運用を考えたときの指標も確認できます。
④作成したモデルを利用して、未知のデータについてターゲットの予測を行います。予測用のデータをドラッグ&ドロップする
 だけで予測が可能です。

オージスを選ぶ理由

企業のデータ利活用成功のためには、データ分析の3つの壁(①課題整理の壁、②分析実行の壁、③業務組込の壁)を超える必要があります。DataRobotをうまく活用することで、2つ目の壁である「分析実行の壁」をスムーズに超えることができます。オージス総研は、これまでの実践で培ったDataRobot活用方法を丁寧にご支援させていただきます。

DataRobot活用方法のご支援

■ビジネスで実践可能なデータ分析方法論である「データ分析戦略フレームワーク」でお客さまのビジネスをご支援い
 たします。
■「業務課題の把握」から「データ分析テーマの導出」までを行うワークショップ、分析トレーニング、データ分析を
 推進する組織の立ち上げ、年間のサイクルの回し方などをパッケージ化し、豊富な経験に基づいてご支援いたします。
■DataRobotの有資格者がお客さまをご支援いたします。

サービス関連記事

DataRobot コミュニティサイト

DataRobot社が提供するコミュニティサイトです。豊富なドキュメント・動画が公開されています

DataRobot トライアルサイト

DataRobotのトライアルをご希望の方は上記サイトからお申込みください

ご予算や事業規模に合わせて、
最適なソリューションをご案内いたします。

  • 検討段階におけるご質問、資料請求もお気軽にお問い合わせください

関連サービス