Webマガジン
「人工知能技術の過去と現在(最終回)」
株式会社オージス総研

2019年03月号
  • 「人工知能技術の過去と現在(最終回)」
株式会社オージス総研   乾 昌弘

1.はじめに

 昨年度初め(2017年4月)より「人工知能技術の過去と現在」を連載してまいりました。今回は、まとめをしたいと思います。

「人工知能技術の過去と現在」の概要

(1)<Part 1>とも言うべき「 <オージス総研をとりまく>人工知能技術の過去と現在」では、大きく歴史的な流れとともに解説しました。
(2)続編である「 <Part 2>人工知能技術の過去と現在」では、横断的な技術の面から解説しました。
(3)両方を読んでいただくと、人工知能の基本的な内容は理解いただけると思います。

3.自動車の自動運転(補足)

(1)「自動車の自動運転」については、下記で取り上げました。
 3.自動運転

(2)<レベル5>である「完全自動運転」は「人工知能の究極の姿である」とも言えると思います。
実際に専門家の方に訊いてみると
「アメリカのあまり車が通っていない広い道路だと普及すると思うが、東京や大阪のように交通量の多い場所であれば、2030年になっても無理」
と言われました。

(3)もう一歩、革新的な技術が必要なのでしょう。

4.人工知能の今後

(1)5年ほど前から始まった「人工知能ブーム」。ブームというのは必ず去る運命にあると思います。今回のブームの中心である「ディープラーニング」を初めとした技術は、きっとこれからも進歩して、広がっていくでしょう。

(2)「人工知能というのはどういうものか」を理解して、あまり噂に躍らせられないことが重要だと思います。

表1.「Webマガジン掲載年代順(項目)」
「Webマガジン掲載年代順(項目)

表2.「<オージス総研をとりまく>人工知能技術の過去と現在(項目)」
「<オージス総研をとりまく>人工知能技術の過去と現在(項目)」

表3.「<Part 2>人工知能技術の過去と現在(項目)」
「<Part 2>人工知能技術の過去と現在(項目)」

表4.「人工知能関連掲載テーマと特徴」
「人工知能関連掲載テーマと特徴」

※下記「記事一覧」からリンクが張られている。

*本Webマガジンの内容は執筆者個人の見解に基づいており、株式会社オージス総研およびさくら情報システム株式会社、株式会社宇部情報システムのいずれの見解を示すものでもありません。

同一テーマ 記事一覧
乾 昌弘  記事一覧



2019年03月号のコンテンツ



『Webマガジン』に関しては 弊社の「個人情報の取り扱いについて」に同意の上、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る