開発効率化

ルールベースAI

ルールベースAI【BRMS】が
あなたの業務判断を自動化します

ルールベースAIは、DXにおける課題を解決できます。活用された企業様には運用後のスピード感やシステム変革によるビジネス推進力を実感して頂いています。

概要・特長

DXレポートで、「ITの力でビジネス競争力を高める必要がある」と提言されています。そのために、足かせとなる老朽化・ブラックボックス化したシステムの刷新や塩漬けにする判断が迫られています。

ブラックボックスを解消するには

システムの中で最も重要で、変更が頻繁に発生するのは、ビジネスルールです。会社の財産とも言えるビジネスルールのブラックボックスさえ解消されれば、ビジネスのためのシステム対応は効率化されて短納期となり、ビジネスの速さに追随できるようになります。

ルールベースAI

周知のビジネスルールや人に依存している暗黙のルールを活用できるのが、ルールベースAIです。ルールベースAIは、ビジネスルールを『決定表』という形で可視化してシステムの中で管理するので、複雑な判断を自動化でき、業務の効率が飛躍的に向上します。

構成・仕様

ルールベースAIに適する業種や業務の例・システム要件

ルールベースAIは、判断が求められる様々なビジネスエリアに適用できます。オンプレ・クラウドなどにコンテナ技術を使用することでその実行環境を選ばず、また、ビジネスルールを共有活用することでエコシステムとなり、DX時代におけるビジネスでの適用範囲が広まります。

オージス総研が提供するルールベース開発プラットフォーム

以前からビジネスルールを活用するBRMSは、システム開発のハードルが高い、と導入を断念する企業様もいらっしゃいました。オージス総研はBRMSの開発経験を通じて得た知見やノウハウから、新たにルールベースAIという概念を取り入れ、ルールべース開発プラットフォームyonobiを開発しました。yonobiを用いることでその導入ハードルを下げ、生産効率や即時性に追随する開発を行うことができます。

資料ダウンロード

ルールベース開発、BRMSに関する資料が
無料でダウンロードできます


・事例資料
・ケーススタディ
・セミナー資料
・検討用資料

サービス関連記事

ビジネスルール管理システム(BRMS)特集

ルールベース開発、BRMSに関する記事の一覧はこちら。

Webマガジン

「今話題のBRMS、「ビジネスルール」とは」

お知らせ・イベント

セミナー/イベント

リリース

ご予算や事業規模に合わせて、
最適なソリューションをご案内いたします。

  • 検討段階におけるご質問、資料請求もお気軽にお問い合わせください

関連サービス