BRMSの課題を解決する具体策「yonobi(ヨウノビ)」

大きな可能性と魅力を持っているBRMSですが、課題もあります。まず、業務ユーザーだけで一から決定表(デシジョンテーブル)を作成することが難しいです。プログラミングの知識やアプリケーションの構造を知らなければならず、その習得に時間がかかるからです。


これら弱点を補うためにオージス総研の開発したツールが「yonobi(ヨウノビ)」です。「yonobi」があれば、即戦力としてBRMSを活用できるようになります。

yonobi」とは?
yonobi」は「用の美」に由来した名前です。「用の美」は1926年(大正15年)に始まった「民藝運動」から生まれた言葉で、宗教哲学者である柳宗悦(やなぎむねよし)が提唱しました。意味は「暮らしの中で使われることを考えて作られ、使われることによって輝く美しさ」です。オージス総研も「システムの『用の美』をもっと発揮させたい」という想いを込めて命名しました。


その具体的な機能を見ていきましょう。

ルールの作成から実行まで可能なプラットフォーム

yonobi」はルールの作成から実行まで、すべての工程を行うことのできるプラットフォームです。ルールの作成はもちろんルールのテストも簡単に実行可能。テストのための画面を作成する必要もなければ、パラメータを設定する必要もありません。作成したルールが正しい結果を導き出すか、ルール作成後その場で確認でき、ルール作成のPDCAを効率的に回すことができます。

ルール開発のPDCA

業務ユーザーにもやさしいWebUI

yonobi」はルール言語の知識がなくても、WebUIの操作のみでルールの作成が可能。ほとんどは一覧されるリストから選択するだけで、定義できます。現場の業務に精通している人間がルールを作成できます。

ルール作成画面(条件、アクション)

変更に強いルール管理

BRMSはルールを決定表(デシジョンテーブル)やルール言語で記述し管理しています。この決定表(デシジョンテーブル)にエクセルを利用している場合、複数の決定表(デシジョンテーブル)のデータ(ファクト)の修正には、それら複数のエクセル決定表(デシジョンテーブル)の修正が必要です。しかし、「yonobi」はファクトを1カ所変更するだけで、同一ファクトを変更している他のルールも自動的に変更され、一気に修正できます。

ルールのIN/OUTのデータ(ファクト)が把握しやすい

ルールのIN/OUTのデータ(ファクト)を確認したい場合、エクセル決定表(デシジョンテーブル)やルール言語で記述したファイルでは、1つずつ開いて確認しなければなりません。「yonobi」にはIN/OUTの定義画面があり、一目で把握できます。

IN/OUT定義画面

変更に対する影響調査が簡単

ルールを変更する前に、その影響がどこまで及ぶか確認が求められます。エクセル決定表(デシジョンテーブル)では、やはり1つずつ開いて確認しなければなりませんが、「yonobi」はキーワード検索により、簡単に影響箇所を確認できます。

キーワード検索画面

このようにyonobiは、BRMSのルール作成の課題を解決する仕組みを実装しています。yonobiの詳しい概要やBRMSの詳しい仕組みについては、下記の資料を無料でダウンロードできますので、是非ご参照ください。

BRMSのルール作成の課題を解決するyonobiの資料

BRMSに関して下記のような資料を配布しております。

  • BRMSの開発・運用プラットフォーム「yonobi」の概要資料
  • BRMSソリューション概要資料や導入事例
  • BRMSによるシステム構築を成功に導く5つのポイント

お気軽にお申し込みください。

関連サービス

  • ルールベース開発プラットフォーム -yonobi-

    オージス総研はBRMSの開発経験を通じて得た知見やノウハウから、新たにルールベースAIという概念を取り入れ、yonobiを開発しました。
    最短15分で、新しいルールをリリースすることも可能です。

  • ビジネスルール管理システム(BRMS)特集

    AIの学習成果、RPAの操作自動化、IoTのフィードバックなどが、「人々の生活をより良い方向に変化」させはじめています。
    これらに組み合わせてより効果的なものに調整する手段のひとつがBRMSです。
    ビジネスルールをアプリケーションから切り出し定義でき、判断・計算・振分を得意とするBRMSを取り入れることで、変化し続けるビジネス環境に対応し、システムを最適化することが可能です。

  • ルールベース開発 -BRMS-

    オージス総研はBRMSの開発経験を通じて得た知見やノウハウから、BRMSを『ルールべース開発』というソリューションとして提供しています。

  • ルールベースAI

    ルールベースAIは、DXにおける課題を解決できます。活用された企業様には運用後のスピード感やシステム変革によるビジネス推進力を実感していただいています。