BLOG

ブログ

新サービスや自主調査結果、関連する学問領域のコラムなどを掲載しています。

著者別記事一覧

2019年5月17日(金)

その他

ワークショップによる本質的なソリューションの創造

ワークショップとは

ワークショップは直訳で、協働で仕事を行う場という意味。多くのビジネスシーンでは社員協働で行う問題解決やアイデア創出などの手法として用いられます。ワークショップの成功には、参加者全体がコミュニティとして機能し、体験を通じた共創が実現することが求められます。

ワークショップにはファシリテーターと呼ばれる司会進行役が存在し、ディスカッションの場や協働体験をオーガナイズします。様々な専門性やスキルを持った参加者同士のコミュニケーションを促進させ、メンバー間の合意を形成するなど、ワークショップの品質を高める役割を果たします。

ワークショップのプロセス

例えば、新規ビジネスアイデアの創出を目的としたとき、ワークショップは全体のうちの一部にすぎません。事前にどういったデータを収集し、どのように共有し、どのようなプロセスでアイデア創出まで導くか、プロジェクト全体を目的に沿って設計する必要があります。そのなかでワークショップの位置づけやゴールが定まり、構成やメンバーなどの要素に落とし込まれていきます。

<ワークショップを組み込んだ新規ビジネスアイデア創出プロセス(イメージ)>

ワークショップによるインサイトの抽出

オージス総研では、ソリューションを検討する上で「本質的なニーズや課題(インサイト)」を明らかにすることを重視します。そのためには現場における事実データも重要となります。 収集した事実データからインサイトを抽出してソリューションを検討する、その一連をワークショップ形式で行います。

既存の枠組みにとらわれない新たなインサイトを導くためには、例えばデータを分類しない(既存の枠組みにあてはめない)など、様々なノウハウがあります。事実データの収集からワークショップの実施まで、プロジェクトの全体設計・実施を目的に沿った形で行います。

オージス総研の強み

オージス総研では、20年以上にわたって企業のマーケティングリサーチを支援するなかで、様々なフィールドでの定性データの分析をワークショップ形式で行ってきました。共創ワークショップの設計やファシリテーションについて多くのノウハウを持ちます。

また、大阪ガス行動観察研究所の技術協力を受けて培ってきた「人間行動分野の専門性」と、クライアントさまの持つ「業種・業界の知見」とを有機的に組み合わせる事で、付加価値の高いアイデアや本質的な問題解決の創出に貢献します。

ブログの更新情報は
Facebookでもお知らせしています