安全性診断パッケージ

安全性診断パッケージの概要

「安全性診断パッケージ」は、工事や現場作業などの業務に関する安全性の評価を目的とした診断パッケージです。現場作業者および管理者への30問程度のアンケートから、安全性の度合いを可視化することで、まずどこに取り組んでいくかの方向性を検討することができます。

2021年10月11日に「安全性診断パッケージ」についての説明会を実施します。詳細・お申し込みはこちら。

6330_01.jpg

安全性診断パッケージの特徴

オージス総研では、これまで15年以上にわたり、現場の行動観察からさまざまな企業の安全性の向上に寄与してきました。現場の実態を観察・インタビューし、安全性向上のための本質的な課題を導き、改善策の立案実施までサポートしています。

→行動観察によるヒューマンエラー削減・安全性向上

安全性診断パッケージは、作業現場の行動観察から見られたFACT(事実)より得られた安全にまつわる要素、約230項目を分類・統合して30問程度の設問に落とし込んでいます。現場の作業者が回答しやすいようにポイントを絞っており、より効果的に現場の安全性を可視化することができます。またアンケートの回答はPCだけでなくスマートフォンにも対応しており、PC環境のない方にとっても回答がしやすいようにしています。

6330_02.png

安全性診断パッケージ サービス詳細

■設問数:
 約30問 (回答所要時間:10分)
■対象者:
 現場などの作業者および管理者(チームを組み、分担しながら作業工程を進めるような現場作業を想定)
■回答方法:
 Webアンケート(PC・スマートフォンなどから回答可能)
■実施期間:
 約1ヶ月(アンケート回収期間の設定などにより変動)
■アウトプット:
 ・各設問の結果について、分野別にスコアを整理
 ・全体傾向だけでなく、管理者と作業担当者との比較分析
■料金:
 500,000円~

<カスタマイズについて>
質問紙でのアンケート実施、アウトプットのカスタマイズ(組織別の比較など)、業務内容に合わせた設問中の用語の変更、英語対応などのカスタマイズ希望はお気軽にご相談ください。

安全性診断パッケージ ご活用イメージ

安全性向上のためには一過性の取り組みではなく、継続的な取り組みが求められます。安全性診断パッケージにより、安全性の度合いを可視化することで、まずどこに取り組んでいくかの方向性を検討することができます。また対策の実施後再度診断をすることで、対策の効果を測り、さらに次を検討するという、継続的な取り組みの流れをつくることができます。

オージス総研では診断だけでなく、行動観察による詳細の可視化や現場の改善など、継続的な安全の取り組みについてトータルで支援します。

6330_03.png お問い合わせはこちら

関連サービス

  • 「行動観察」を活用したコンサルティング

    行動観察とは、さまざまな”場”における人の行動を観察し、定性的な事実から非言語化領域のニーズやリスク、暗黙知を導き出す手法。 事実を起点に、これまで常識とされてきた枠組みを新しい視点・発想で前向きに作り直し、新たな仮説、価値を生み出します

関連記事一覧