WEBマガジン

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (20)」

2020.06.24 株式会社オージス総研  山海 一剛

2019年8月22日(2)

着眼点。
英語ではPoint of Viewと言うらしい。
簡単に言えば、「どういう人のどういう状況において、どんな価値を提供したいか」「どういう人のどういう状況において、どんな問題を解決しようとしているのか」を表現した短い文章で、次のようなかたちになるらしい。

[ユーザー]は、[潜在的ニーズ]する必要があった。なぜなら/驚いたことに/でも...[インサイト]だから

この括弧部分を埋めるということらしいけど、うーん、インサイトって何、潜在ニーズの潜在ってどういうこと、[ユーザー]はこれまでの解釈どおりのユーザーでいいんだろうか?なんだかホグワーツに入学したハリーポッターが初めて授業を受けるときのような気分だ...って、よく知らないけど。
「心配しなくても大丈夫。順番に一緒に考えていきましょう。まず[ユーザー] から書いてみてください」
佐野さんに促されて考え始める。

[ユーザー]の部分は、今回考えている新事業のユーザーということでいいらしい。もっともまだ影も形もないサービスなので、「潜在ユーザー」とか「想定ユーザー」ということになるけど。とりあえず、今までの流れから、

[地方と都会に離れて暮らしている親世帯と子世帯]

ということでいいだろう。

では次の[潜在的ニーズ]は.........と、ここで思考が止まってしまう。

「考える順番としては、先にインサイトの部分を埋める方がいいですよ。インサイトとは、ユーザーも気づいていない課題や価値のことです。さっきの気づきは、まさにインサイトと言っていいですね。それをインサイトのところに書いてみましょう。」

要するに萩原さんが「まどろっこしい」と言った部分、大森くんが「みなさん優しい」と言った部分を、簡単な文章にすればいいようだ。でも、なかなかうまくまとめられない。みんなで何度も書き直して、やっとしっくりと来る文章になった。

[自分の親や子供と、より密に交流したいと思っているにも関わらず、相手の生活の邪魔をしたくないと思っている] から

「いい感じにまとまってきましたね。ではもう少し説明させてください。デザイン思考では既にユーザーに認識されている課題ではなく、ユーザーがはっきり意識できていない問題や、質問しても言葉としては出て来にくい課題の方を重視します。それを解決することが[潜在的ニーズ] なんですね。」

「そんな遠回りしなくても、インタビューで聞き出した困りごとを聞いて、その解決策をビジネスにするればいいんじゃないの?」
と萩原さん。

「ユーザーに意識されている課題には、たいていそれを解決するビジネスが存在しているものなんですよ。それに取り組むということは、既に競合がいる市場に飛び込むことになります。」
佐野さんが説明する。

「なるほど。まだユーザーも意識できていない課題を見つけることが出来れば、それはブルーオーシャンってことだな」
編集制作部の大崎さん。

「例えば、インタビューでユーザーが言ったことだけを表面的に受け取ると、いわゆる見守りサービスとかが最初に思いつくけど、それは既にいろんな会社がやってるよね。ちょっと調べただけでも警備保障会社の大手とかはみんなやってる。そんなところに、うちみたいな素人企業が後発で参入しても勝ち目がない」
いつもながらクールな発言は水沼さんだ。

「それじゃぁさっき書いたインサイトをもとに、この[潜在的ニーズ]を考えるなら、どういうことを書けばいいと思う」
ホワイトボードに貼りだした書きかけの着眼点シートを見ながら、福石さんが皆に問いかける。
「相手の生活を邪魔したり、相手に気を遣わせずに、相手の状況がわかるってことではないでしょうか」
大森くんが手をあげて言う。

無口だった大森くんが、ベテラン中心の会話にも堂々と入ってくる。彼の変わりっぷりをみて、少し感動してしまった。
「成長してるじゃないか!ユースケ!」
と、思いっきり背中をたたいてやりたい。

「じゃぁ岩崎さん、この着眼点シートを完成させてください」
感動している私の隙をついて佐野さんに振られたので、少しうろたえる。

「あ、はい。えーっと」
と、他のメンバーにも意見を求めながら、何度か書き直した結果できたのは、次のような着眼点シートだった。

[地方と都会に離れて暮らしている親世帯と子世帯]は
[相手の生活の邪魔にならないようなかたちで、互いの様子を把握]する必要があった。
なぜなら / 驚いたことに
[自分の親や子供と、より密に交流したいと思っているにも関わらず、相手の生活の邪魔をしたくないと思っている]から

PointOfView

「なかなか、良い着眼点が出来ましたね。ほんとはもう少し短い文章がいいんですけど、これ以上短いと伝わりにくくなりそうなので、これでいいでしょう。では、これとは違う着眼点をあといくつか出しましょうか」
と佐野さんが言うので、再びみんなで考えてみた。

佐野さんの説明によると、ひとつの着眼点、ひとつのアイデアに縛られてしまうのは非常に危険で、違うなと思ったら、いつでも今の取組みを捨てて、前のステップに戻らなければならない。戻った時のためにも、複数の案を作って残しておくべきだとのことだ。

結局、さらに2つの着眼点を無理やり作り出したものの、私としては最初に出た着眼点が一番しっくりくる。そろそろ夕方になるので、今日は打ち止めにしようということになった。
最後に3つの着眼点について、改めてみんなの意見を聞いたが、やはり最初のものが第1候補となった。

ほぼ半日、かなり濃い内容だったので、みんな疲れた様子だったが、誰もが良い着眼点を発見できたと感じているようだ。解散を宣言した後も、ひとしきり着眼点を眺めた後で、自席に戻っていくメンバーが多かった。
<つづく>

*本コンテンツはフィクションです。
*本Webマガジンの内容は執筆者個人の見解に基づいており、株式会社オージス総研およびさくら情報システム株式会社、株式会社宇部情報システムのいずれの見解を示すものでもありません。

『Webマガジン』に関しては下記よりお気軽にお問い合わせください。

同一テーマ 記事一覧

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (26)」

2020.09.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (25)」

2020.09.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (24)」

2020.08.28 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (23)」

2020.08.28 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (22)」

2020.07.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (21)」

2020.07.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (19)」

2020.06.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (18)」

2020.05.21 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (17)」

2020.05.21 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (16)」

2020.04.20 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (15)」

2020.04.20 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (14)」

2020.03.10 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (13)」

2020.02.18 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (12)」

2019.12.16 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (11)」

2019.12.16 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (10)」

2019.11.25 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (9)」

2019.11.25 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (8)」

2019.10.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (7)」

2019.10.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (6)」

2019.09.17 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (5)」

2019.09.13 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (4)」

2019.08.23 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (3)」

2019.07.16 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (2)」

2019.06.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (1)」

2019.05.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛