WEBマガジン

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (43)」

2021.06.30 株式会社オージス総研  山海 一剛

2019年11月19日(3)

「少し休憩時間を取って、次の作業に入りましょう」
もともと今日は16時までの予定だった。しかしテストマーケティングを実施して2月中頃までに事業化判断の材料を集めるには、あまりにも時間が無い。テストマーケティングに向けての作業項目ぐらいは、今日洗い出しておきたい。
佐野さんに言われるまでもなく、今日が正念場だということはわかっているのだろう。全員が時間通りに戻ってきた。休憩中に、何人かが廊下で電話している声が聞こえていたが、きっとこの後の予定を調整していたのだと想像がつく。

「前回のリーンキャンバスと同じです。サービスブループリントを見ながら、検証項目や作成物を見つけ出してください」
ここで言う作成物とは、サービスを運用するために、必要な資料や、業務フローや業務ルールなどを指すと、前回に佐野さんから説明があった。

「なるほど、サービスの中でのユーザーや我々の動きがプロットされているから、より具体的に考えることができるわけか。例えば、このユーザー申込みとか...」
と福石さんが指さすと、大森くんが、
「申込みって、どう受け付けるんでしょうね。やはりWeb申込みとかにすべきなんでしょうか」
「あと契約書のひな形を考えないといけないな」
と萩原さん。
「いちいち契約書に捺印してもらうとかじゃなくて、Web画面で承諾ボタンをクリックするだけとかにしたいよね」

「はい。そういう風に進めて欲しいんです。前回のリーンキャンバスは、サービスをビジネスの観点で静的に整理したものでした。サービスブループリントは、サービスをそれに関わる人の動きとして表現するので、リーンキャンバスでは見つけられなかったことを抽出できるはずです」
と、佐野さんが補足する。

どちらが優れているというわけではなく、互いに補い合うような位置づけなので、2つのダイアグラムを使って抽出するとの説明だ。そして今日抽出した検証項目や作成物は、リーンキャンバスのときの抽出結果の模造紙を壁に貼り、そこに追加していった。

①テストマーケティングまでに検証しておくこと/テストマーケティングまでに作っておくもの
②テストマーケティングのときに検証したいこと
③事業化判断のあとで検証すればいいこと/作ればいいもの

本当は全員で会話しながら洗い出したいところだが、時間が厳しい。サービスブループリントを3つのエリアに分けて、2-3人のグループで分かれて考えることにした。それぞれのグループにファシリテーターや付箋への記入係が自然発生するのが面白い。私たちは随分自律的なチームになったのではないだろうか。

手分けした効果もあってか、しばらくすると模造紙に大量の付箋が貼られた。特に作成物には"新規ユーザー登録機能"とか"動画アップロード機能"などといった、ITシステムの機能名らしくものも含まれている。大森くんの活躍の痕跡だろう。

検証項目の洗い出し

3つ分類のどこに貼るかは、今のところ各グループの独断なので、チーム間でイメージが合っているか心配だ。とはいえ、このスピードは、佐野さんにとっても想定外だったようで、結構驚いているようだった。

そうするうちに、いつの間にか時計が16時半過ぎを指していた。私はお迎えに行かないといけないし、佐野さんの帰りの時間も気になる。そう思い始めた時、佐野さんが声をかけた。
「はい、みなさんありがとうございます。ちょっと集まってください」

皆が手を止めて、佐野さんの周りに集まる。
「みなさん、凄いスピードで頑張っていただいていますが、それでも今日中に終わらせるのはさすがに無理かなと思うんですね。なので、この後みなさんに何をやって欲しいかを説明させてください」

模造紙の3つの分類を指さして話し始める。
「もうみなさんお気づきだと思いますが、抽出した検証項目や作成物を、この3つの分類のどこに貼るかで、テストマーケティングの範囲が決まります。これを使って、テストマーケティングで検証したいことは何かを明確にしてください。その後、そのために何を準備すべきかを整理して欲しいんです」

もし"①テストマーケティングまでに検証しておくこと/テストマーケティングまでに作っておくもの"のエリアに沢山の付箋を置くなら、テストマーケティングの内容としては充実するだろうけど、それだけコストもかかるし準備も大変になる。でも少なすぎると、せっかくのテストマーケティングの機会に、検証すべきことが出来なくなってしまう。それ以上に重要なのは、何にこだわり、何を諦めるかだ。つまり、 佐野さんはみんなに"ちょうどよいテストマーケティング"を考えるよう求めているのだ。そのためには、現状それぞれに分類した内容をチームで精査しなければならない。

「そして、実際に分類した結果をみて、テストマーケティングのコンセプトが、一本筋が通っているものになっているかを確認してください」

「でもそれって、最初にコンセプトをしっかり作ってから、必要な検証項目や作成物を洗い出すべきなのでは」 と水沼さん。

「確かにそれが本来です。でもテストマーケティングのコンセプトと言っても、抽象的な言葉でしか表現できないですよね。コンセプトを優先させてから洗い出しをしてみると、五月雨的に手間や費用がかかることが出てきたりして、コストや時間の兼ね合いでコンセプト自体の見直しになることも多いんです。今のみなさんなら、先に検証項目や作成物をたくさん洗い出してから分類するやり方の方が合っていると思っています」

確かにそうかもしれない。このやり方だと、テストマーケティングまでにすべき作業とボリュームが具体的にわかる。体力と時間に限りがある私たちには、かえって効率的だと判断したんだろう。

その後、17時少し前まで続けてから、その場はいったん切り上げとなった。佐野さんは帰路に、私はお迎えのために慌ただしく会社を出た。何人かは残って作業を続けると言ってくれたので、遠慮なく任せることにした。

<つづく>

*本コンテンツはフィクションです。
*本Webマガジンの内容は執筆者個人の見解に基づいており、株式会社オージス総研およびさくら情報システム株式会社、株式会社宇部情報システムのいずれの見解を示すものでもありません。

『WEBマガジン』に関しては下記よりお気軽にお問い合わせください。

同一テーマ 記事一覧

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (47)」

2021.08.31 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (46)」

2021.08.31 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (45)」

2021.07.30 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (44)」

2021.07.30 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (42)」

2021.06.30 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「マネジメント 3.0 エッセイ第2回」

2021.06.30 共通 株式会社オージス総研  藤井 拓

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (41)」

2021.05.31 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (40)」

2021.05.31 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「マネジメント 3.0 エッセイ第1回」

2021.05.31 共通 株式会社オージス総研  藤井 拓

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (39)」

2021.04.28 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (38)」

2021.04.28 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (37)」

2021.03.31 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (36)」

2021.03.31 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (35)」

2021.02.26 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (34)」

2021.02.26 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (33)」

2021.01.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (32)」

2020.12.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (31)」

2020.12.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (30)」

2020.11.26 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (29)」

2020.11.26 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (28)」

2020.10.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (27)」

2020.10.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (26)」

2020.09.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (25)」

2020.09.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (24)」

2020.08.28 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (23)」

2020.08.28 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (22)」

2020.07.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (21)」

2020.07.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (20)」

2020.06.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (19)」

2020.06.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (18)」

2020.05.21 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (17)」

2020.05.21 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (16)」

2020.04.20 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (15)」

2020.04.20 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (14)」

2020.03.10 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (13)」

2020.02.18 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (12)」

2019.12.16 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (11)」

2019.12.16 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (10)」

2019.11.25 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (9)」

2019.11.25 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (8)」

2019.10.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (7)」

2019.10.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (6)」

2019.09.17 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (5)」

2019.09.13 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (4)」

2019.08.23 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (3)」

2019.07.16 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (2)」

2019.06.24 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛

「イノベーションの育て方 ~ハナさんのストーリー~ (1)」

2019.05.27 共通 株式会社オージス総研  山海 一剛